poco a poco

ハウスキーパー入門

家族葬って寂しいものですね

少し関わりのある高齢女性が亡くなってお葬式に行ってきました。
80代のご夫婦の二人暮らしで
奥さんが体調不良が長く続き亡くなったということです。
一人娘さんは遠くに住んでいて
死亡の知らせで駆けつけて来た。
夫さんが喪主といっても
当然何も取り仕切ることはできず
娘さんと葬儀社さんで決めた式になったようです。
参列者は私たち以外には本当に親族さん達だけで
新聞で死亡広告もださなかったらしいです。
夫さんであるおじいさんは、
しきりに新聞で知らせてればよかったなあとぼやいていました。


娘さんが知らない親の交友関係もあるだろうな。
お母さんのお友達はいるよね。
趣味の仲間もいたよね。


小規模家族葬にこだわると
後悔する人も多いらしい。


うちも昨年父が92歳で亡くなった。
最後は施設暮らしだったから
知り合いも来れないだろうし家族葬にしようかと決めていた。
しかし叔父たちに相談したら反対された。


あんたたちのお父さんの人生には
娘たちが知らない交友関係や経歴があるよ。
それに相応しいお見送りにしてあげて欲しい。
と言われ小規模の一般葬儀にしました。
新聞の死亡広告を見た人達から、
葬儀には参列できないがと、お悔やみとお香典が郵送されてきたり
お父さんにはお世話になってと言われたり
恥ずかしながら、父が亡くなって初めて
父の事を知った気がしました。
年老いた近年の姿だけで父を軽んじていたんですね。


いろいろな思いが込み上げてきて、
娘さんが棺に献花する様子に涙が出てきました。





牛丼
茹でこごみ
行者ニンニクの卵とじ
筍の煮物


山菜尽くしの夕食

嫌われない姑になりたい

昨日、美容室で週刊誌を読んでたら
読者の悩み相談室で
「息子家族と二世帯住宅を建てて同居しているが
当初、時々食事を一緒にしていたがだんだんお誘いがなくなってきた。
息子はともかく、嫁はもっと気を遣ってくれてもいいのに。
どうしたもんでしょう。寂しいです。」
という私と同世代の女性の相談がありました。


息子の母は、寂しいんですよ。
気持ちすごくわかります。
実のむすめだったら
今日、鍋するんだけど、一緒にたべない?
なんて気軽に誘えるけど
息子の嫁さんには、なかなか言えない。


自分のことを思い出すと
かつて夫の母は、苦手でした。
苦手な家事を姑の前でするのも苦手で、
失敗ばかりしていました。
一緒に食事をしてもくつろげないしね。


姑がどんな事言ったら嫌われると言うのもよくわかる。
焼肉に誘っても嫁は楽しくないに決まってる。
孫とは仲良くなりたいから、
会いたいんだよね〜。


先輩友人は、自分が会いたい時に遊びに来てって言えばいいっしょ。
と言います。
ホントそうなんですよね。
なんで誘ってくれないのかな〜とかいじいじ考えなくてもいいのにね。


永遠の聖子ちゃんカット

私の自慢はトシちゃんと同学年ってことです。
トシちゃんと聞いてピンと来る人は同世代で
金八先生の初回放送をリアルに観てた人。
ピンとこない人に説明すると田原俊彦のことです。


んで今日の話題にトシちゃんはどうでもいい話。


同世代の人は、
8割ぐらい聖子ちゃんカットに馴染みがあるはず。
ご当人は、早々にそういうヘアスタイルから次のステージに行っていた。


置いて行かれた私たち田舎の女子は
なんか引きずっている。
あれから40年。綾小路きみまろさん風に言うと。
シャンプー後、サイドの髪を斜め後ろにしながらドライヤーかける。
ついついね。


聖子叔母ちゃんカットだけどね。



筍はいい感じで茹でられ
肉とともに煮物になりました。

美容院代の捻出は家計費かお小遣いか問題について

4月から無収入になった私にとって
ささいな支出にがめつくなってて
美容院でカットして白髪染めするのも
家族としての必要な経費として認めてもらいたく
夫に交渉した。
夫は過去8年間
お小遣いから出していたらしく
申し訳ない事でした。


結果、家計から出してもらえることになり
早速美容院に行ってきた。
夫の散髪と私のカット白髪染めのスケジュールが
同じ月にならないようにしなければなりません。


親戚から筍が送られてきました。


夫担当の夕食

リタイア先輩に従う

うちは夫が先にリタイアし、
8年間ハウスキーパーに徹してくれた。
特に食事は全て担ってて
私は今春からの台所後輩さんです。


パターンは朝食はパン、昼食は麺となってるらしい。
私は、白米が好きだけどね。


昨日は肉うどん
食後にやたらと喉渇く


今日はトマト味のパスタ。
家庭菜園で採れたトマト