poco a poco

ハウスキーパー入門

1人ケンミンショー キンキは茹でて食べる

私が子供の頃、北海道の海では獲れない魚は食卓に上がりませんでした。
本州のお正月には、鯛の尾頭がおせちの主役となるのが一般的だと思うが、
こちらは赤い魚の代替品として、雑魚扱いされていたキンキが主流でした。


鯛を食べられる家庭は、お金持ち。
うちは貧乏だからキンキなんだなーといじけていました。


しかも調理方法は、茹でるだけ。
茹でただけの尾頭つきキンキは、ソースをかけて食べる。
ソースたって、シェフ自慢のやつじゃないですよ。
ブルドックの中濃ソース。
中濃ソースの出番は、トンカツ、エビフライ、茹でキンキの時だけなので、
ご馳走感は、醸しだしていました。


あの魚をボンと一人一人の皿に載せられると。
子供には食べるの難しいんですよね。
大人の食べる様子を、観察していると、
すぐにがっつかずに、丁寧に根気良く、骨を外して
ヒレも外して、それから食べ始める。
その頃には、すっかり冷めていたような。
食べ終わると、すでにレコード大賞がはじまっていた。


あっ、ちなみに北海道のおせちは、大晦日に食べる。
フライングタイプなんです。


これが昭和の道産子キッズのキンキの思い出。
大人になってから、道内色々な地方出身者に聞くと、
茹でキンキ経験者は、海沿いの街にいた人だけみたいです。
キンキは、普通茹でるでしょうと言うと
皆さん「え〜!」とおきまりのリアクションがある。


無性に、食べたくなるわー。



朝食
近所の人が大量のホタテ稚貝をくれまして、
しばらく続きます。


昼食