poco a poco

ハウスキーパー入門

言葉と世代の壁は微笑みでなんとか

今日は日曜日のミサ
先日からベトナムから介護実習生として来日している若者が
教会に来ていて、とても可愛い女子です。
今週、お節介することを目標にしているんで、
キョトキョトしている彼女に何とか近づいている。


中学英語も覚束ないし、
身近な出来事を英語にしようとしてもスキルがイマイチで
かえって気を遣わせてしまう。


日本語とベトナム語のスマホの翻訳アプリを駆使しているけど、
直に会話を交わせないので、もどかしさもあります。


これは何ですか?
これはわたしのペンです。
これはペンですか?それともコップですか?
それはペンです。それは赤いペンです。
私はパンダ子です。
私は女です。男ではありません。
私はテニスが好きです。
毎週日曜日にテニスをします。
彼はロイです。彼もまたテニスが好きです。


あれから50年、見ただけでペンかコップか見分けがつかない人に
英語で説明する機会は一切なかった。


自分がして欲しい事って何?と考えた。
自分の国の言葉で話しかけられることかな?


ベトナムのアイドルは誰ですか
フォーとうどん、どちらが好きですか
会話の糸口を予習したんだけど、
言葉の壁だけでなく、世代の壁も高く難しい。


たどたどしくも、ベトナム語でシャオブォイサン(おはよう)と言ってみた。
とびっきりの笑顔で、おはようございます!と挨拶された。


結構、日本語上手になってた。


帰りは、オツカレサマデスと帰っていった。
やっぱ若いって凄いわ。
っていうか彼女の努力と笑顔に、こちらが励まされたんでしょー



朝食


夕食